家づくりのしくみ メインコンテンツ

ビルテック家づくりのしくみ

メカニズム - Mechanism

ビルテックの家づくりのしくみ

本当は教えたくない、
ビルテックがお客さまから支持される「家づくりのしくみ」の秘密

ビルテックが、ハウスメーカーさんや他の工務店さんと何が違うのか?
ここでは、他には知られたくない、ビルテックがお客さまから支持されている「家づくりのしくみ」を公開しています。

家づくりは一生で何回も建てられるものではありません。絶対に失敗してほしくない家づくりのために、ビルテックはこだわっている「家づくりのしくみ」があります。

家づくりの3つの秘密

1. プロのデザインをビルテックが負担

人気設計士とのコラボレーション

家の設計にはお金がかかります。ビルテックは家づくりのプロ集団です。もちろん家の設計もできます。しかし、「餅は餅屋」の言葉があるように、設計士さんは設計に特化したその道のプロです。設計に関しては設計士さんには敵いません。

ビルテックでは、「トコトン、最高の家づくり」をお客さまに提供するため、家づくりをご依頼していただけたお客さまには、ご希望によりプロの設計士さんによる設計をビルテックと同等の金額にてサービスさせて頂いております。
※設計士さんへの差額分は、ビルテックが負担します。

すべてはお客さまの「トコトン、最高の家づくり」のため。
「設計士さんに」とは言え、私たちも設計士さんにすべておまかせではなく、お客さまのご要望やご提案をお客さまとともにプランニングしていきます。

設計事務所 ON Time Design Office イメージ
ON Time Design Office

ビルテックで手掛ける多くの家づくりに欠かせない、人気設計士のON Time Design Office 代表の深澤賢治氏。常に予約で埋まる人気設計士さんです。
紹介ページ » 常に予約で埋まる人気の秘密

2. 生活を考える

欠かさない「女性の目線」
家事の動線イメージ

多くの家庭で、ご主人にとっては、「家は休息の場所」。
しかし、女性にとっては「仕事場」でもあるのです。休息の場所でもあり、仕事場でもある「家(住宅)」についてビルテックは両方を成立させる家づくりをご提案します。
実は大事な「女性の目線」。
ビルテックは女性の目線で家づくりを考えます。

家事の動線

家事に休みはありませんよね。だからこそ毎日の家事の動線は重要になります。当たり前に2階に洗濯物を干そうと思っていませんか?

1階に物干し場があったら、なお良いですよね。
しかし、洗濯物が当たり前に見えるのも少し気が引けます。ビルテックでは、生活感をなるべく見せないように工夫して、毎日の負担を減らすご提案をいたします。

スイッチ、コンセントの位置や数

電気を点ける、消すということは毎日していくことです。いかに「自分が住むのなら」ということを考えながら、ご提案します。まずは図面上で打ち合わせを重ねていくことで、気がつかなかったことなどが見えてきます。それに費やした時間は必ず、住まわれた後で生きてきます。

アフターメンテナンス

「家づくりが終了したら終わり」ではありません。そこからお付き合いがはじまります。ビルテックでは、新築住宅の場合、1ヵ月、半年、1年、2年、5年、10年と定期点検を実施いたします。その他に気になることは随時ご連絡をお受けいたします。少しでも気になることがありましたら、ドンドンご連絡ください。迅速に対応させていただきます。

3. 山梨の未来まで考える

山梨の県産材のイメージ
山梨は木の宝庫!県産材でブランドアップ。

ビルテックの家づくりは、山梨県の木、県産材を使用することをご提案しています。 そのメリットは、同じ風土の環境で使われることにあります。同じ風土で育った木であれば、環境に適することは当然ともいえます。

そして、山梨県は見渡す限り木材の資源に恵まれていて、県土の約80%が森です。この資源の宝庫ともいえる県産材を使用し、家づくりに活用します。これを積極的に使用して、山梨県の材木のブランド力アップにつなげます。材木のブランド力アップには、全国からの需要増により、結果、林業などの活性化につながり、山梨県が潤います。将来的には、そのブランド力で雇用を増やし、地元山梨の活性化に!

また県産材の活用は、山の整備にもつながり、森林を保護することにも役立ちます。そしてさらに山の整備は、災害の防止にもつながるのです。山梨にとっていいことづくめなのです。

ビルテックの家づくり - 各特集コンテンツ

地元工務店のメリット

家づくりの仕事人

お客さまの声

チームビルテック

現場見学会を開催

家づくりのQ&A

会社の概要

ビルテック望月純のブログ

ビルテック小島洋子のブログ

情熱の工務店 ビルテックのFacebookページ