窓廻り断熱材の大切さ~デザインと機能性の家~|手づくりの工務店ビルテック

「手づくりの家」にこだわる、山梨県の工務店、ビルテック望月です。。ドモヽ(´Д` )

窓廻り発砲ウレタン充填(じゅうてん)

↑窓の木製額縁と壁の下地との隙間を発砲ウレタンで埋めています。。
ブシューっと。。


窓廻りからの特に冷気の進入を防止する為に、発砲ウレタンで埋めます。

そうすることで熱の伝わり、奪われがされにくくなります。
冷気・暖気の空気が動きにくくなる為に。
固まると、発砲スチロールに粘り気があるような固体に変化します。
(発砲時は気体と液体が混ざったような物です・・説明が下手でスミマセン)
膨らむと・・・↓↓
発砲ウレタンが膨らみました。。
こんな風になります。
完全に硬化したら、はみ出している部分をカッターにて切断します。
ビルテックの現場では必ず、埋めていただきます。。しっかりと。
今日も口うるさく、ウザがられながらご指導・ご鞭撻して参りました。( ゚Д゚)ドルァ!!
その結果、ワタクシもしっかり土に埋められそうです。。ヽ(;´Д`)ノヤメテー
冗談です。。( ^ω^ )ニコニコ