甲州市のおうち ~古民家再生project~  大工さん加工編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
甲州市のおうちは現場と大工さんの加工場との同時進行中です。
まずは、 大工さんの進捗状況ですが・・・
現在、土台(どだい)を加工しています。
いわゆる、「手きざみ」という作業です。
加工をする前に土台となる木材の曲(くせ)や墨付け(すみつけ)という作業から
始まります。
※墨付け:木材に加工する所、継手などを書き入れる事。
中島氏、曲(くせ)を確認中ですよの図↓↓
曲(くせ)を確認中ですよの図
製材されているとはいえ、曲り、反りなどをどうしても生じてしまいます。
そのくせを確認しながら、適材適所に配置する所を考えます。
そして、墨付けです。
大久保氏、墨付け中ですよの図↓↓
墨付けの図
この写真は、柱と土台との接合部の位置を書いている所です。
今週からは、キザミ作業に移っているはずですので、また紹介いたします。
楽しみです。