甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 型枠

お疲れ様
です。
ビルテック
望月
デス。
甲州市のおうちの基礎工事は、型枠を組み立てている所です。
※型枠:簡単にいうと、コンクリートの形を造る為の型です。
その型枠を組み立てる前に、鉄筋についたコンクリートを掃除する事が重要です。
なぜかというと、鉄筋に付着したままでコンクリートを流しっこんでしまうと、
付着したコンクリートと、新しく流し込んだコンクリートの間で縁が切れてしまう為、
強度の低下などにつながってしまうからです。
鉄筋:コンクリートの中に入れる、引っ張り強度を保つための太い鉄の棒状のもの
鉄筋を掃除中ですよの図↓↓
鉄筋掃除中ですよの図
写真の白くなっている部分のレイタンスもワイヤーブラシで除去します。
※レイタンス:コンクリートの打込み後、水などの分離に伴い、内部の微細な粒子が浮上しコンクリート表面に形成するぜい弱な物質の層。(スラグ用語集より抜粋)
清掃作業をしているのは、アイアンマン石原氏です。
清掃作業を終えたら、型枠の組み立てに移ります。
型枠組立作業ですよの図↓↓
型枠建込みですよの図
さあ、立上りのコンクリート工事まであと一日(5日金曜日打設予定)、追い込みです。
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!