甲州市のおうち ~古民家再生project~  玄関建具編

お疲れ様です。
甲州市の古民家再生工事も残すところ玄関のみとなりました。
その玄関の扉をただいま製作中です。
その製作の中にももちろん技術が盛り沢山に使われております。
今回はその技術のご紹介です。
甲州市のおうちは木製の格子の戸です。
材種は水や腐朽菌に強いヒバを採用しました。
まずは両サイドの框です。↓↓
ヒバの無垢建具の框部分の巻
框部分とは、手を掛ける部分です。
望月がお邪魔した時には、組子と呼ばれる格子の製作中でした。
まず、格子がずれないように巾止めの当て木を・・・↓↓
巾止め当て木ゼヨの図
次に通し貫をしていきますが、その貫に巾止めの細工を・・・↓↓
貫細工の巻
その貫を入れていきます。↓↓
通し貫入れてきますよの巻
貫を入れたら、幅に合わせていきます。↓↓
巾止めゼヨの図
こうする事によって、格子のズレを防ぎます。
巾止めの貫を入れた後は、通した穴埋めの貫を入れていきます。↓↓
割り貫ですよの図
入れ終わるとこんな感じです。↓↓
割貫完了ゼヨの巻
二重になっているのが解りますかね・・・
割貫という工法だそうです。
一般的には、相欠きといって支える木と格子の双方を欠きこんで、
製作するのが一般的ですが今回はこの工法を採用したそうです。
手間が掛かっております。技術ですな。
以上、ご報告です。