~土間のある家~ 内部造作編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
韮崎市のおうちは内部造作工事中です。
・・・はい、題名の通りです。
外部廻りの断熱材充填も完了し、
外部廻り断熱材充填の巻
大工さんは、窓枠材(窓額縁)を組み立てて、
額縁組立の巻
そして取付です。↓↓
額縁取付の巻
今回の造作材は、※スプルスを採用しました。
※スプルス:スプルースとも呼ばれます。米唐檜(べいとうひ)とも。加工に優れ、造作材に広く使われる材料です。
2階の床からの「音」対策の石膏ボード捨て張も完了です。
様々な音対策品はありますが、費用対効果が一番大きいのはこの工法ではないかと思い、採用です。
作業手順也。
1、加工
石膏ボード捨て張 加工編
2、敷き込
石膏ボード捨て張 敷き込編
3、釘止め「パンパン」
石膏ボード捨て張 釘止め編 パンパン
・・・はい、予想通りの手順でしたね。
「音」対策は、これで終わりではありません。
第二弾は・・・・まだ施工しておりませんので。いずれ。
その他は、巾木の取付、木枠(引き戸の枠など)の取付が粗方いっております。
まずは、木枠取付から↓↓
木枠取付の巻
・・・はぁ・・的な感じかもしれませんが、次がポイントです。
巾木取付な巻↓↓
巾木取付の巻
・・・はぁ・・と思ったあなた様、もう一度写真を見てください。
巾木に欠きこみ(へこんだ部分)がありますよね。そこにフローリングが差し込まれます。
弊社は、床工事を最後の最後に致します。
何故なら、傷の軽減につながるからです。
手間は掛かりますが、その方がお客様にとっても、
弊社や協力業者さんにとってもメリットが大きいからです。
では、また。