~土間のある家~ 近況状況編

お疲れ様です。
最近涼しくて、過ごしやすいですね。
今朝はちぃぃっと寒かったです。
気温の変化が激しいので、体調を崩さないように気をつけねば。
皆様もお気をつけてください。
では、また。
・・・・・ん??
BLOG書いてないや。
いけねいけね。


では、書くとしましょう。
韮崎市のおうちは、木工事、内装工事等々、
皆様必至こいて頑張っております。
大工さんの大久保氏は、手摺を加工。
手摺加工中ですよの巻
ノミを片手に金槌ふりふり。
とんとんとん。・・・・とんとんとん。
手摺の肌触りは・・・・
手摺笠木 浮造りですよの図
写真では解りづらいですが、凹凸部分が際立つ仕上げ方法の※浮造(うづくり)
になっております。
※浮造:木材の年輪を引き立てて見せるために、スギといった針葉樹の板表面、〝春目(はるめ)〟と呼ばれる柔らかな部分を磨いてへこませ、木目の部分を浮き立つようにした仕上げ方法です。
その他は、付梁を取付ました。
はっきり言って※ゴツカッコイイ仕上げになりました。
※ゴツカッコイイ:ごつくて格好が良い仕上げです。そのままですね。
付け梁付けました。の巻
仕上げ方法は、浮造り&焼き杉です。
新築工事ですが、古民家再生をしている気分です。
その他は、内装屋さんが壁の下地処理作業中です。
パテ掛け中ですよの巻
今週、来週で内部の仕上げ工事の大詰めです。楽しみ楽しみ。
最後に外観をば。
土間のある家 外観の巻
では、また。