~土間のある家~ 近況です

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
そういえば、韮崎市のお家ですが様々な工事があったのにも
関らず、ご報告していなかったようなしたような・・・
更新をあまりしていないから、こういう事になるんです!
と、お叱りの言葉が聞こえるような、聞こえないような・・・
まぁ、ご報告です。
どこから、何からだろう・・・・
んーーーー、あれからかなぁ・・・・
むむむ・・・
えーーと、左官屋さんが、内部の壁を塗りまして・・・
壁をぬりぬり


ん・・・・紹介したかも・・・
まぁ、おさらいという事で。
壁や、一部の天井はAICA(アイカ工業)のシルキーパレットという
商品を塗りました。
調湿性や、建物の動きに追随する弾性な材料ですので、
健康住宅等にご興味のある方お勧めですよ。
漆喰、珪藻土も素晴らしい材料ですが、壁の隅(入隅)等に
割れがどうしても発生しますので、弾性の材料ですと美観が
長く維持できます。
詳しくはこちらまで↓↓
AICA シルキーパレット
でもって、次は・・・
んーーーそうです、床張後の塗装です。
ワトコオイルという、亜麻仁油を主体とした英国生まれの塗料です。
それを塗り塗り。↓↓
ワトコオイル塗り塗り
ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンを原材料に使用しておりません。また、溶剤には安全性の高い脂肪族炭化水素を使用しており、ワトコオイルには欧州の規制に基づく有害物質に分類されている成分は含有しておりません。
・・・HPより抜粋です。
詳しくは、こちらまで↓↓
ワトコオイル
でと、えーーーっと、玄関部分を昔ながらの仕上げ工法。
※洗出し仕上げです。↓↓
洗出し仕上げ 作業中
ちなみに作業中でして・・・仕上がりは・・・写真がまだない訳でして・・
そのぉ、撮り忘れた訳でして・・・
次回にまたご紹介いたします。
※洗出し仕上:コンクリートやモルタルに砕石や玉砂利などの骨材を混ぜて塗り、完全に乾かないうちに水で洗って表面に石の粒が浮き出るようにしたもの。
で、次は待ちに待っていた、古建具です。
古福庵さんでお客様、設計士、大工さんそしてワタクシで伺い買ってきました、
格子戸です。
・・・・やはり、写真が無い。
そのぉ・・・はい、そうです。忘れました。
という事で、次回のココロだぁ。
では、また。