心地よい家を考える。

先日、お客様よりこんな質問を受けました。

「望月さんの考える心地よい家って、どんな家ですか?」

えっ!?

心地よい家・・・

その場では、「お客様の満足にできるだけ近づけたお家ですかね」とお答えしましたが、

改めて考えると、どんな家なのだろう・・・と。

自分が考える「心地よい家」

いったいどんなお家だろう・・・

むむむ・・・。

ふむふむ・・・。

これだ!という答えは無いのかもしれません・・・

むむむむ・・・・む。

便利な家・・・。

違う。

デザインがかっこいい家。

それも何か違う気がする。

難しいな。

快適な家。

どのような意味で・・。

その質問を受ける前は、デザイン性に優れ、家事などの動線が短く
フラストレーションが無いようなお家が一番だ!
と考えていましたが・・・、
改めて考えてみると、「心地よい家」なのかな・・・と。

住む方それぞれが感じる心地よさ。

十人いればそれぞれ違う。

自分だったらこういう風な感じがいいな、便利だな、
と思い様々なご提案をしてきましたが、
心地よいなと思ってご提案してきたのだろうか・・・。

むむむ。

永遠の課題なのかもしれません。

今はまだ、自分の中で明確な答えはでていませんが、
「住む方の立場になってというご提案」という姿勢は変わりません。

それが、お客様の感じる「心地よさ」につながっているのかはまだわかりませんが。

「心地よい家」を深く掘り下げて考えてみることにします。

答えが浮かんだらまたご報告いたしますね。

それでは、また。

追伸
かなり時間は掛かると思いますが、必ず自分の答えをみつけてみます。