ブログ - Blog

山梨の家づくり最前線!

山梨の工務店ビルテックのブログです。

日々の住宅設計リフォーム建築などの実績や、お客様に役立つ最新の住宅事情などをビルテック 望月純をはじめ、個性あふれる各スタッフが発信しています。

~土間のある家~ 内部造作編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
韮崎市のおうちは内部造作工事中です。
・・・はい、題名の通りです。
外部廻りの断熱材充填も完了し、
外部廻り断熱材充填の巻
大工さんは、窓枠材(窓額縁)を組み立てて、
額縁組立の巻
そして取付です。↓↓
額縁取付の巻
今回の造作材は、※スプルスを採用しました。
※スプルス:スプルースとも呼ばれます。米唐檜(べいとうひ)とも。加工に優れ、造作材に広く使われる材料です。
2階の床からの「音」対策の石膏ボード捨て張も完了です。
様々な音対策品はありますが、費用対効果が一番大きいのはこの工法ではないかと思い、採用です。
作業手順也。
1、加工
石膏ボード捨て張 加工編
2、敷き込
石膏ボード捨て張 敷き込編
3、釘止め「パンパン」
石膏ボード捨て張 釘止め編 パンパン
・・・はい、予想通りの手順でしたね。
「音」対策は、これで終わりではありません。
第二弾は・・・・まだ施工しておりませんので。いずれ。
その他は、巾木の取付、木枠(引き戸の枠など)の取付が粗方いっております。
まずは、木枠取付から↓↓
木枠取付の巻
・・・はぁ・・的な感じかもしれませんが、次がポイントです。
巾木取付な巻↓↓
巾木取付の巻
・・・はぁ・・と思ったあなた様、もう一度写真を見てください。
巾木に欠きこみ(へこんだ部分)がありますよね。そこにフローリングが差し込まれます。
弊社は、床工事を最後の最後に致します。
何故なら、傷の軽減につながるからです。
手間は掛かりますが、その方がお客様にとっても、
弊社や協力業者さんにとってもメリットが大きいからです。
では、また。

~「働く」と「住む」を両立した家~ 基礎工事編  躯体構築完了

お疲れ様です。
せっかくのゴールデンウィークですが、雨ですね。
週の後半は回復しそうですが・・・
まっ、ワタクシは仕事なんですが・・・ははは。(強がり)
さて、甲州市勝沼のおうちは予定通り、先週のうちに
コンクリート打設も完了し、養生期間を経て姿を現しました。
まずは、コンクリート打設の巻から・・↓↓
基礎立上りコンクリート打設の巻
完成姿はこちらの巻↓↓
基礎出来形の巻
表面も密実に打設してあるため綺麗でした。
GW明けに埋戻し、清掃、嵩上げコン打設の予定です。
しばしこのまま。
では、また。

~土間のある家~ アンティーク建具編

お疲れさまです。
今日は、雨でしたのでちょっと肌寒く、
着ぐるみを常に着ているわたくしには ちょうど良いかと・・・
ビルテック望月です。
本日の午後から韮崎市のおうちのお客様、設計士の先生、
大工さんの大久保さん、そしてわたくしの4人で、町田の方へ。
「何をしに行ったんだ??」といいますと、
古い建具を見に行ってまいりました。
韮崎市のおうちは、焼き杉や、続き土間など古民家を想わせる
所が数多くあるので、「いっそ古民家にしちゃう!?」的な発想の元、
古い建具一部使用する為に視察をば。
高級車に揺られて着いてみると・・・そこは・・
古福庵 店内の様子の巻
「じゃぱにーずあんてぃーくの宝石箱やぁ!」
と聞こえてきそうな感じを醸し出していまして、
ワタクシ、仕事も忘れ見入ってしまいました。
明治・大正・昭和ハタマタ江戸と時代の流れも垣間見え、
古くても、しっかりとした造りに感動です。
やはり、いい仕事は後世に残るんだなと改めて確信しました。
アンティークガラスの戸の巻↓↓
アンティークガラス戸の巻
蔵戸THE江戸時代の巻↓↓
THE江戸時代 蔵戸の巻
ちなみに、この蔵戸・・63㎏の重量です。
ワタクシの体重-20㎏です。
重っ!!
ん??どっちが??
まぁ、体重の話はさて置き、
すごい細工がしてありました。
「スゲーな・・」としか言えない自分のボキャブラリーの無さにあきれます。
蔵戸を使ったダイニングテーブルがこれまたかっこええ。
「かっこええ」としか言えない自分は、リポーターには向いていないなと
しみじみ感じた今日この頃です。
ちなみに写真は・・・
ありませんけど。
はい、撮り忘れました。
Good job!!
また、行きたいなぁ・・・見たいなぁじっくり・・・一日中・・・
本日伺ったお店は・・
時代家具・建具の店 古福庵 様
町田店 :神奈川県相模原市南区2-8-1  042-741-0506
八王子店:東京都八王子市滝山町1-564-1 042-691-3030
URL http://www.kofukuan.jp/
是非、伺ってみてください。楽しいですよぉ。
では、また。

~「働く」と「住む」を両立した家~ 基礎工事編  コンクリート打設

お疲れ様です。
つゆだく、汗ダク、
ビルテック望月です。 (゚m゚*)プッ
甲州市勝沼のおうちの本日の作業は・・
耐圧盤コンクリート打設の図
基礎の耐圧盤コンクリート打設です。
ちなみに、建設業界ではコンクリートを流し込むことを打設(ダセツっ!!)
と言います。
打設が終わると、
コンクリート面タンピングの図
コンクリート面を※タンピングします。
※タンピング:コンクリートなどを打ち込んでから仕上げまでの間に、表面を叩いて締め固める事です。
こうする事により、コンクリートの密実性、表面の※骨材を沈めて、
表面の仕上品質を向上させる事につながります。
※骨材:コンクリートを練り混ぜるときに使う砂利や砂などの事です。
基礎工事担当の渡辺社長が「つゆダク」になりながら、頑張っていただきました。
ワタクシも傍で見ているだけでしたが・・・
つゆダクです。(゚m゚*)プッ
タンピングの後は、金鏝で押さえて仕上げです。
写真は・・・
ありませんけど。
では、また。

~土間のある家~ ユニットバス工事編

お疲れ様です。
今日も暑かったです。
ワタクシのおなかも厚かったデス。(゚m゚*)プッ
ビルテック望月です。
韮崎市のおうちの本日の作業は・・・
ユニットバス設置の巻
はい、お風呂の工事です。
ユニットバス設置の巻です。
韮崎市のおうちは、TOTOさんのサザナという商品を採用いたしました。
このお風呂の床なんですが・・・
柔らかいんです。
TOTOさん曰く、「洗い場が畳のお風呂」のイメージらしく
柔らかいんです。
ワタクシのおなかも、
柔らかいんです。(゚m゚*)プッ
詳しくは、HPを参照してください。(投げっぱなしです。)
HPはこちら⇒TOTOシステムバスルームサザナ
では、また。

~土間のある家~ 板金、造作工事編

お疲れさまです。 「西へ・・東へ・・」
ビルテック望月です。
韮崎市のおうちは外壁工事も最終段階、
鼻隠し(軒先部分)の板金工事中です。
鼻隠し板金の図↓↓
鼻隠し板金の図
鼻隠しを板金ですると、野地板(屋根下地板)の裏面も板金で覆う為、
軒樋の水跳ねによる野地板の腐食を防止する事が出来ます。
野地板裏板金の図↓↓
野地板裏板金の図
ワタクシの「スラぁっ」とした指先の所です。
はい、「ずらーぁっ」とした指先です。
指先部分の板金をするかしないかで、10年後差が出てきます。
窯業系の既製破風板(妻面の屋根先端部分)を使用する時には、
必ず、野地板裏の板金をお勧めいたします。
話は変わって、内部は大工さんの造作材加工第一弾がまだ、
3割程度だそうです。
まだあと7割残ってますよの図↓↓
造作材3割完成の図
まだまだ、造作材を使います。
まだまだまだ使います。
むだむだむだには使いません。
さて頑張ろうっと。
では、また。

~「働く」と「住む」を両立した家~ 基礎工事編 鉄筋組

お疲れ様です。
甲州市勝沼のおうちの基礎工事も順調に進み、
太い針金(鉄筋)も組み立終わって、あとはコンクリートを待つばかり・・です。
昨日(4月23日)に瑕疵担保保険会社の鉄筋検査も指摘事項、手直し無の合格です。
明日(4月25日)は耐圧盤のコンクリート打設です。
さて頑張りますかぁ。
鉄筋組完了の図↓↓
鉄筋組完了の図
では、また。

~土間のある家~ 近況・外壁工事編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
韮崎市のおうちはどうなってるの??という
暖かいご指摘を受け・・・
慌てて更新です。
韮崎市のおうちは、壁下地工事がある程度進み、
大工さんは、造作材の加工に取り掛かっております。
外回りでは、外壁工事が進行中です。
まず、防水シートを壁に張ります。
韮崎市のおうちでは、遮熱タイプの防水シートを採用いたしました。
遮熱シート張の巻↓↓
遮熱シート張の巻
壁から出ているパイプ類(換気・給気など)の周りを防水テープでベタベタ貼りつけます。
防水テープベタベタですよの巻↓↓
防水テープベタベタですよの巻
こうする事によって、貫通部分からの水の浸入を防止します。
一緒に移っている木は通気胴縁といって、空気の流れる道を造るものです。
そして、外壁施工。
外壁張ですよの巻↓↓
ニチハ モエンエクセラード マイスターウッド調 窯業系サイディング張の巻
この窯業系サイディングは、焼き杉調に仕上がっており、遠くから見た目は、
「ん?本物!?」と思ってしまうくらいの表面です。
イイ感じになって参りました。
また、ご報告いたします。

~「働く」と「住む」を両立した家~ 基礎工事編

お疲れさまです。
ビルテック望月です。
山梨県甲州市の「勝沼のおうち」がいよいよ始まりました。
基礎工事 根伐(ねぎり)の巻↓↓
基礎根伐の巻
基準となる高さからの深さを確認しつつ、進めて参ります。
根伐・掘削が完了したら、砂利(砕石)を敷きこみ、突き固めます。
突き固めることを、「転圧」といいます。
砕石転圧の巻↓↓
砕石転圧 ランマーにての巻
↑の写真の転圧機械をランマーといい、ホッピングと自重を使いながら、集中的に
突き固めます。
砕石転圧の巻2↓↓
砕石転圧 プレートの巻
↑こちらはプレートといって、先ほどのランマーで突き固めてできた凸凹した面を
平らにしたり、自身の振動により締固める機械です。
この2種類をうまく使う事によって、基礎下の地盤を強固に致します。
基礎を掘削すると、斜めの部分(法面)が出来ます。
そこもプレートを使って締固めます。
法面締固めですよの巻↓↓
法面転圧ですよの巻
普通は法面転圧は必要ないのですが、この基礎工事担当の「渡辺工業」さんは、
絶対にします。
なぜなら、渡辺社長によると・・・
「砕石が崩れにくくなるし、見た目もね。」と爽やかに答えていただきました。
流石、「基礎に美しさを求める」がモットーです。
また、ご報告いたします。

~「働く」と「住む」を両立した家~ 地鎮祭編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
山梨県甲州市の勝沼のおうちも地鎮祭をとり行い、
いよいよ工事が始まります。
その地鎮祭の一コマ・・↓↓
地鎮祭の一コマの巻
さらに一コマ・・四方清め祓いの巻↓↓
四方清め祓い
鍬入れの儀の巻「エイっえいっEIっ!」↓↓
地鎮祭 鍬入れの儀の巻
滞り無く無事地鎮祭終了。
最後にご家族で・・↓↓
地鎮祭 記念撮影の巻
今年の秋には完成を迎えます。頑張らなくては・・・
さて、気合を充填です!!