ブログ - Blog

山梨の家づくり最前線!

山梨の工務店ビルテックのブログです。

日々の住宅設計リフォーム建築などの実績や、お客様に役立つ最新の住宅事情などをビルテック 望月純をはじめ、個性あふれる各スタッフが発信しています。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  おうち降ろし編

こんにちは、ビルテック望月です。
柱の加工も一段落し、
いよいよ、山場のおうちを降ろす作業です。
徐々に降りてますよの図↓↓
徐々に降りてきてますの図
徐々に降ろしましたよの図
ある程度の所まで降ろして来たら、柱を入れ替えて
さらに降ろします。
一番大変なのは、土台と柱との接合です。
ズレを修正しながら、一本一本接合していきます。
位置修正してますよの図↓↓
位置修正してますよの図
ジャッキで押したり、チェーンブロックで引っ張ったりと、
大変なお仕事です。
しかし、百戦錬磨の「石原組」さんは焦ることなく、確実にお仕事をこなしていきます。
流石です。
おうちが着地したら、補強工事や既存の柱、梁の清掃です。
ワタクシ・・・余裕が無くなってまいりました。ははは。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  木工事編  焼き杉

こんにちは、ビルテック望月です。
甲州市の古民家再生工事の土台敷きも一段落、
柱の加工に移っております。
柱はオール県産材です。
材種は南部杉をチョイスしました。
柱搬入ですよの図↓↓
柱搬入ですよの図
105mm角、120mm角、150mm角、180mm角を使用します。
化粧で見える所もあるので、そこは・・・・
炙ってますよの図
はい、「炙りトロ」よりも炙ります。
いわゆる「焼き杉」という仕上げを選択しました。
炙り作業は、アイアンマン石原氏が担当です。
焼いたものをつぎは・・・
うづくり仕上げですよの図
「浮造」(うづくり)という仕上げを施します。
※浮造:木の板・柱などの柔らかい部分(春目:はるめ)を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、木材の見た目を美しくするための仕上方法
削り作業の後は・・・
浮造の後は、蝋で仕上げるゼヨの図
蝋を塗り・・・
トーチで炙るゼヨの図
バーナーで炙りながら蝋を染み込ませ、ウエスで「せっせこ×3」磨いていきます。
そうすると・・・
焼き杉浮造仕上げ完成ですよの図
シブイ味わいになりました。時間をおくと蝋が馴染みまた違う表情になります。
ヤミツキニナリマシタヨ。ワタクシ。
でも、作業をなさっていただいた、大工さんの大久保さん、中島さん、アイアンマン石原さんは、
体中が真っ黒に・・・・
すみません・・・
でも、ありがとうございます。
おかげで素晴らしい仕上げになりました。本当にありがとうございます。
<(_ _*)> アリガトォゴザイマス 
謝謝。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  木工事編  土台敷2

こんにちは、
ビルテック
望月
です。
読みづらいですね。
ははは。
さて、甲州市のおうちは、引き続き土台敷きです。
縁側部分の土台のまとめです。
土台敷きまとめますよの図↓↓
土台敷きまとめますよの図
束は桧を焼いて「あじ」を出してみました。
焼くことによって、虫などの被害に強く、燃焼しづらくなっております。
昔の人の知恵は「すごいな」と改めて思いました。
束を焼きましたよの図↓↓
束を焼きましたよの図
追っ掛け大栓継の写真を今回はしっかり撮ってきましたよ。
(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪
追っ掛け大栓継ですよの図↓↓
追っ掛け大栓継ですよの図
最後に樫の丸栓を打ち込みます。
追っ掛け大栓継ですよの図2
さて、土台もまとまり、既存柱のホゾ加工です。
これが、また大変です。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  木工事編  土台敷

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
甲州市のおうちは、只今土台敷きや、
柱の加工、ホゾ穴の加工中です。
※ホゾ穴:梁と柱を接合させる為の溝、土台にも加工を施す。
土台敷いてますよの図↓↓
土台敷いてますよの図
外回りのコーナー部分は、土台に横ホゾで接合です。
横ホゾ接合ですよの図↓↓
横ホゾ接合ですよの図
土台の流し方向の継手は、鎌継、追っ掛大栓でジョイントです。
腰掛鎌継竪ホゾ付ですよの図↓↓
腰掛鎌継竪ホゾ付継手ですよの図
腰掛鎌継竪ホゾ付継手ですよの図2
追っ掛は・・・
撮り忘れました・・・ははは。
そして、スクリューワッシャーにて緊結です。
締め込み締め込みですよの図↓↓
締め込み締め込みですよの図
※スクリューワッシャー:カネシンさんのHPにて確認してみてください。ここをクリック

今週半ばには、おうちを降ろす工事が控えています。
大工さんガンバッテクダサイ。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 コンクリート打設

お疲れ様です。
ビルテック望月で
す。
本日は、晴天なり・・・暑いなり・・・
雨ではなかったのか・・・・?
最高気温は28度ではなかったのか・・・・?
全然違うんですけど・・・・天気予報。
さて、甲州市のおうちは、本日無事、基礎の立上り部分のコンクリートを
打設完了です。
v(`皿´)ノ~” ヤッター!!
その一コマ・・
コンクリート流し込んだゼヨの図↓↓
コンクリート流し込んだゼヨの図
コンクリートの天端を鏝(こて)で均します。
※天端(テンバ):構造物の各部の最頂部です。
アイアンマン天端均すゼヨの図↓↓
アイアンマン天端均すゼヨの図
休憩もそこそこに、打設工事完了です。
完了ゼヨの図↓↓
完了ゼヨの図
このprojectも第二段階に移ろうとしています。
お盆明けからいよいよ「お家を降ろす工事」の段取りです。
楽しみです。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 型枠

お疲れ様
です。
ビルテック
望月
デス。
甲州市のおうちの基礎工事は、型枠を組み立てている所です。
※型枠:簡単にいうと、コンクリートの形を造る為の型です。
その型枠を組み立てる前に、鉄筋についたコンクリートを掃除する事が重要です。
なぜかというと、鉄筋に付着したままでコンクリートを流しっこんでしまうと、
付着したコンクリートと、新しく流し込んだコンクリートの間で縁が切れてしまう為、
強度の低下などにつながってしまうからです。
鉄筋:コンクリートの中に入れる、引っ張り強度を保つための太い鉄の棒状のもの
鉄筋を掃除中ですよの図↓↓
鉄筋掃除中ですよの図
写真の白くなっている部分のレイタンスもワイヤーブラシで除去します。
※レイタンス:コンクリートの打込み後、水などの分離に伴い、内部の微細な粒子が浮上しコンクリート表面に形成するぜい弱な物質の層。(スラグ用語集より抜粋)
清掃作業をしているのは、アイアンマン石原氏です。
清掃作業を終えたら、型枠の組み立てに移ります。
型枠組立作業ですよの図↓↓
型枠建込みですよの図
さあ、立上りのコンクリート工事まであと一日(5日金曜日打設予定)、追い込みです。
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 鉄筋・コンクリート

こんにちは、
ビルテック望月
です。
甲州市のおうちの基礎工事は順調に、
順調に進んでおります。
先週の土曜日には、ベース部分のコンクリートも無事
打設いたしました。
その一コマです。↓↓
ベースコン打ちですよの図
コンクリートを打設(だせつ)する前に確認しておくことがあります。
まず、鉄筋の間隔、鉄筋のかぶり等々。
鉄筋の間隔確認ですよの図1↓↓
鉄筋間隔確認ですよの図1
鉄筋間隔確認ですよの図2↓↓
鉄筋間隔確認ですよの図2
鉄筋かぶり確認ですよの図↓↓
鉄筋かぶり確認ですよの図
※かぶり:鉄筋がコンクリートに埋設されるべき寸法
基礎のベースは、土に接する部分である為、設計かぶりの70mmを確保しているか、
確認いたしました。(最少かぶりは60mm)
合格です。
不合格であれば、直していただきコンクリートを打設します。
今週は、5日の基礎の立上り部分のコンクリート打設に向けて、
アイアンマンをはじめ、皆で頑張っています。
また、ご報告いたします。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  大工さん加工編

お疲れ様です。
ビルテック望月です。
甲州市のおうちは現場と大工さんの加工場との同時進行中です。
まずは、 大工さんの進捗状況ですが・・・
現在、土台(どだい)を加工しています。
いわゆる、「手きざみ」という作業です。
加工をする前に土台となる木材の曲(くせ)や墨付け(すみつけ)という作業から
始まります。
※墨付け:木材に加工する所、継手などを書き入れる事。
中島氏、曲(くせ)を確認中ですよの図↓↓
曲(くせ)を確認中ですよの図
製材されているとはいえ、曲り、反りなどをどうしても生じてしまいます。
そのくせを確認しながら、適材適所に配置する所を考えます。
そして、墨付けです。
大久保氏、墨付け中ですよの図↓↓
墨付けの図
この写真は、柱と土台との接合部の位置を書いている所です。
今週からは、キザミ作業に移っているはずですので、また紹介いたします。
楽しみです。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 掘削

こんにちは、ビルテック望月です。
甲州市のおうちは只今、基礎工事真っ最中です。
掘っていくと、岩(ガン)が出てきまして・・・・
それを破壊する訳で・・・・
岩を壊しますよの図↓↓
岩を破壊してますよの図
ブレーカーという機械で破壊します。
作業をしていただいてるのは、ブレーカー大好きナベさんです。
破壊しながら、アイアンマン石原さんは、せっせと掘削していきます。
基礎下掘削中ですよの図↓↓
掘削中ですよの図
解りにくい写真ですね・・・・m(*- -*)mス・スイマセーン
基礎のラインで掘っています。(補足説明の巻)
話は変わりますが・・
今回は、アイアンマンの腕の紹介です。
アイアンマン石原さんの腕の図
半端ないパワーを発揮する腕です。100㎏ぐらいある機械を・・
「ひょいっ」と持ち上げるスペックの腕です。
流石、アイアンマンです。
次回は・・・・素顔に迫ってみます。 お楽しみに。

甲州市のおうち ~古民家再生project~  基礎工事編 穴掘り

お疲れ様です。
ビルテック望月デス。
甲州市のおうちの鋤取も一段落し、
現在は、穴掘りです。
穴掘ってますよの図↓↓
穴掘ってますよの図
お家を支える重要なポイントの柱の下を、地盤改良するために掘っております。
掘削機械に乗っているのは、ご存じアイアンマン石原氏です。
ちなみにこの日も御昼ご飯食べていないそうです。
まさに鉄人です。
穴を掘り、支持地盤を確認後、砕石を入れて転圧です。
※砕石:簡単に言うと、砂利の大きめの物と、土が混ざっているもの。
※転圧:締固める事

転圧完了ですよの図↓↓
転圧完了ですよの図
このような柱状改良を、15か所行ないお家を支えます。
大切な作業となるので、鉄人ハリキッテおります。
しかし、鉄人は「疲れた」という言葉を知っているのでしょうか・・・
今度聞いてみます。

3 / 41234