家づくりのスタイル メインコンテンツ

家づくりのスタイル = 生活

スタイル - Style

性能だけで選んでいませんか?

耐震・制震・免震住宅、デザイナーズ住宅、ECO(エコ)住宅…。
ビルテックは、その土地とお客さまに合った最適な工法で望む形を実現します。

ビルテックは、デザイン性能にとらわれず、「生活のしやすさ」をまず考えます。
この先、何年も何十年も生活を共にする住宅です。性能ありきではなく、まず第一に「生活のしやすさ」を追求し、そこからお客さまの望むテーマを足していきます。

主役はあくまで、そこに住まわれる家庭と「生活」です。デザインや性能のために、住みにくい住宅にしてはいけません。それがビルテックの家づくりのスタイルです。

ビルテックが提案するスタイル

自然と調和する住宅

パッシブ(passive:受身の)という考え方

良い家住宅というものは、生活に負担がかからない、フラストレーションのない生活ができる住宅に、より近づけたものだとビルテックは考えます。

そこには、「便利であればよい」ということではなく、なるべく冷暖房などの電化製品に頼らずに、通風、採光のバランスをより自然に近づける。

アクティブな冷暖房が不要である意味合いから『パッシブ(passive:受身の)』といわれますが、こうした自然と調和する生活をビルテックは提案します。

生活に合わせた家づくり

決まったテーマ(性能)から選ぶのではなく、お客さまの生活にテーマを加える

まず「生活のしやすさ」を追求することは申し上げました。そこから、お客さまの望む家の性能をどう加えていくかを考えます。最初から「性能ありき」で家を選ぶと、必ず合わない箇所が出てきます。

ビルテックは、まずお客さまの生活を考えます。そして実現するための提案、打ち合わせを重ねます。そのためには、現場へ何度も赴き、ともに「生活のしやすさ」や「性能」についてトコトン追求します。このビルテックのスタイルは、ときにお客さまから「こんなことまでやってくれるなんて!」と言われるほどです。

究極のベストスタイル

フラストレーションがかからない住宅とは?

家づくりのしくみ」でもご説明したとおり、家事の動線、コンセント、スイッチの位置や数、お引渡し後に維持管理していくメンテナンス計画を「自分自身がその住宅に住んだら…」ということを徹底的に想像し、考え、ご提案して造っていければ、お客さま個々に合った究極のスタイルといえる住宅に近づくと考えています。

究極のベストスタイルとは、「住宅に合わせた生活」ではなく、「お客さまの生活に合わせた住宅」がそうだと考えます。

ビルテックの家づくり - 各特集コンテンツ

地元工務店のメリット

家づくりの仕事人

お客さまの声

チームビルテック

現場見学会を開催

家づくりのQ&A

会社の概要

ビルテック望月純のブログ

ビルテック小島洋子のブログ

情熱の工務店 ビルテックのFacebookページ