左官職人の紹介のメインコンテンツ

壁に挑み続ける 職人の極みへ。 - 佐野工業

プラスターラー - Plasterer

終わらない壁への挑戦

「平ら(たいら)―。」何気ない言葉ですが、左官工の極みの言葉です。
何度も何度も壁に挑み続け、納得するまで鏝(こて)で押さえる。自分の目と、培った技術である“手の感覚のみ”で勝負している姿はまさにチャレンジャーです。力の加減一つで、その仕上がりは変化します。壁は家の外観を印象づける大切な場所。それを理解し、常に「美しい壁」を追求し続け、日々、壁に挑みます。
「飽くなき挑戦。」そんな言葉が似合う職人さんです。

メッセージ

壁に挑み続ける左官工 佐野正

伝統技術の継承―。

ON Time Design Office 代表 深澤賢治
日々挑戦し続ける壁の職人。
佐野工業 佐野正

左官の技術は昔からある素晴らしい技術ですが、だんだんと失われつつある技術でもあります。

でも私は、その職種の極みに挑戦し続けていきたいと常に思いながら、仕事をしています。

土壁塗りなども経験して感じたことは、昔の職人さんの技術の凄さや偉大さです。けれども、昔の職人さんにもできたのなら、きっと自分にもできるはず。

今の技術に満足することはありません。常にそうした先人たちに挑戦し続けます。

佐野 正(さの・ただし) プロフィール

1974年11月生まれ。左官職人の父親のもと、長男として誕生。
小学校5年生の頃から、よく現場に遊びに行き、家づくりの仕事を間近に見る。
高校を卒業して、19歳から本格的に左官工の道へ。
子供の頃は嫌だと感じていた左官の仕事も、左官工として2〜3年続けるうちに、技術を学ぶ楽しさとその仕事のやり甲斐に、次第に熱中していくように。
20年近く経ったいま、気がつくとその道の奥の深さ、技や、技術の無限さに改めて気づき、圧倒されつつも、持ち前の根性で日々精進している。

ビルテックの家づくり - 各特集コンテンツ

地元工務店のメリット

家づくりの仕事人

お客さまの声

チームビルテック

現場見学会を開催

家づくりのQ&A

会社の概要

ビルテック望月純のブログ

ビルテック小島洋子のブログ

情熱の工務店 ビルテックのFacebookページ