甲州市塩山 Hさまの声メインコンテンツ

150年の歴史はそのままに -甲州市塩山 Hさま

ボイス - Voice

古民家再生を決断させた理由

東北の大震災の影響、築150年の養蚕(ようさん)農家を再生させることへの複雑な思い…。
様々な思いを乗り越えて、古民家再生を決断した理由とは?

甲州市塩山 Hさま

古民家再生を決めたのは、熱い気持ちと信頼関係

古民家再生に至る、長い葛藤と築き上げた信頼関係。
甲州市塩山 Hさま
「ずいぶん悩んだ」と、ご主人

やり甲斐があります!」 ビルテックの望月さんが、新しく紹介してくれた大工さんのこの一言で、仕事をお願いすることに決めました。

築約150年の養蚕(ようさん)農家の改修を決断するまでには、望月さんをはじめ、大工さん、設計士さんたちと、約1年間の長い時間と、何回も綿密な打ち合わせを重ね、信頼関係を築いてきました。

しかし、打ち合わせをしてきた大工さんの不慮の事故や東北地方を襲った大地震による断続的な余震の発生等により、「今、改修を行なってもいいのか?」と迷った時期もありましたが、今は改修をやって本当に良かったと思っています。

手間と研鑽を惜しまない、プロの職人集団だと感じました

臨機応変に対応してくれた技術と作業。
甲州市塩山 Hさまの奥さま
当初は反対だった奥さま

解体してみなければ、どんな作業をどんな手順で進めていくのか判断することが出来ない状況でした。
そのため、望月さんをはじめ、大工さん、設計士さんたちと一緒に、古来の大工道具を使い、手作業で古民家の改修を行なっている実際の改修現場や、再生された古民家の見学を重ね、工法を参考にしていただきました。

さらに、改修の現場では古来の技術も取り入れてもらい、新しい柱は既存の柱との調和を図るため、手斧(ちょうな)による手作業の加工や、柱や板の表面を焼いたりと、手の込んだ作業をしていただきました

作業を進めていく中で、対応に頭を悩ませた事も多々あったようで、「その都度、臨機応変の対応をしなければならなかった」と後でお聞きしました。

また、一緒にお酒を飲めることを

甲州市塩山 再生した古民家の前で
生まれ変わった古民家の前で、ご夫婦そろって
技術ばかりでなく、人間性も素晴らしい人たち。

改修に携わってくれた、大工さん、電気屋さん、基礎屋さんほか、仕事をしていただいた皆さんは、素人目に見ましても技術もプロ意識もしっかりした人たちだと感じたところであり、ビルテックさんはいい仲間を持っているな、この人達がいるからいい仕事が出来るのだと思いました。

最後に、完成後の我が家に来た人たちが皆さん「素敵になったね」と褒めていただける技術ばかりでなく、人間性もすばらしい人たちとお会いできたことに感謝申し上げ、何時かまた皆様と一緒にお酒を飲める事を楽しみにしています。

ビルテックの家づくり - 各特集コンテンツ

地元工務店のメリット

家づくりの仕事人

お客さまの声

チームビルテック

現場見学会を開催

家づくりのQ&A

会社の概要

ビルテック望月純のブログ

ビルテック小島洋子のブログ

情熱の工務店 ビルテックのFacebookページ