甲州市のおうち ~古民家再生project~  玄関建具編

お疲れ様です。
甲州市の古民家再生工事も残すところ玄関のみとなりました。
その玄関の扉をただいま製作中です。
その製作の中にももちろん技術が盛り沢山に使われております。
今回はその技術のご紹介です。
甲州市のおうちは木製の格子の戸です。
材種は水や腐朽菌に強いヒバを採用しました。
まずは両サイドの框です。↓↓
ヒバの無垢建具の框部分の巻
框部分とは、手を掛ける部分です。
望月がお邪魔した時には、組子と呼ばれる格子の製作中でした。
まず、格子がずれないように巾止めの当て木を・・・↓↓
巾止め当て木ゼヨの図
次に通し貫をしていきますが、その貫に巾止めの細工を・・・↓↓
貫細工の巻
その貫を入れていきます。↓↓
通し貫入れてきますよの巻
貫を入れたら、幅に合わせていきます。↓↓
巾止めゼヨの図
こうする事によって、格子のズレを防ぎます。
巾止めの貫を入れた後は、通した穴埋めの貫を入れていきます。↓↓
割り貫ですよの図
入れ終わるとこんな感じです。↓↓
割貫完了ゼヨの巻
二重になっているのが解りますかね・・・
割貫という工法だそうです。
一般的には、相欠きといって支える木と格子の双方を欠きこんで、
製作するのが一般的ですが今回はこの工法を採用したそうです。
手間が掛かっております。技術ですな。
以上、ご報告です。

ビルテック代表 望月純
一生に一度しかない家づくりを、とにかく楽しんでもらいたい!
アッつい気持ちで、「家づくり」に情熱と人生を捧げます。
最近、ダイエットにも取り組み、情熱も脂肪も燃焼させています!

関連記事

コメント

    • ち-ぼ-
    • 2012年 8月 17日

    こんにちは。はじめまして。
    なんかすごいですねぇ、初めて見ました。
     これ、木戸になるんですかぁ?
     ・・・じっくり見てみたい^^

    • ビルテック望月
    • 2012年 8月 17日

    ちーぼー様
    コメント有難う御座います。
    とても良い玄関戸になりました。
    よろしければ、施工事例(H様邸)をご覧になってください。正面から撮影した写真に写っております。
    小さくて解りづらいかもしれませんが・・・
    http://www.bltc0412.jp/case/enzan.html
    手づくりの物は時間と共に表情が変わっていきます。
    また、それがアジになります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. お客さまの声 山梨の工務店 ビルテック株式会社
  2. 甲府市の家造り F様邸壁塗り
  3. 山梨の工務店 | 注文住宅 リフォーム 家づくりならビルテック ロゴ
  1. お客さまの声 山梨の工務店 ビルテック株式会社
  2. 甲府市の家造り F様邸壁塗り
  3. 山梨の工務店 | 注文住宅 リフォーム 家づくりならビルテック ロゴ

Results

  1. 甲府市の家 [吹き抜けがある大空間の家]
  2. 北杜市の家 [暮らしを考えた家]
  3. 富士川町の家 [温もりを伝える家]
  4. 北杜市須玉町の家 [優しく時を刻む家]
  5. 甲府市山宮の家
  6. 中巨摩郡昭和町の家
  7. 山梨市下神内川の家
PAGE TOP